SWCH PANEL制作の想い

TAMARIBAを閲覧頂いている方々、初めまして。

SWCHのMISTAです。

誰だ?って方はaboutページへ飛んでください。


ここでは、デザイン関連のことや、普段やりとりしている中での想いなど、直接会って話すような事をダーっと長文で書いていこうと思ってます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

SNSから飛んできた皆様はご存知だと思いますが、この度、自身初の商品を販売することになりました。

"SWCH SQUARE PANEL"

カンタンに言うと、インテリアパネルですね。

なぜ作ろうと思ったのか、

そこまでのプロセスというか頭の中を綴ります。

 

では、

 

最近ずっと引っかかってた事があります。

それは、ケータイの「壁紙」配信のことです。

 

今で、12シリーズまで出しました。

自分でもビックリするぐらい色んな方に壁紙を使ってもらえてました。

嬉しいですよね。

 

これもSNSなどの拡散のお陰だと思っています。

いつもありがとうございます。

 

なんで嬉しいかって、

僕はフライヤーの制作が多い環境で、

作ったものは開催日が過ぎると、街やSNSから姿を消します。

 

それにかわり、ケータイの壁紙は期間問わず毎日僕の作ったもの1日何回も見ますよね。

見るのは一瞬かもしれないですが、すげー嬉しいです。

 

それで、壁紙を最近更新してないせいか、

「次の壁紙欲しい!」

と結構言われるようになり、

正直思考が停止してました。。。

 

なぜかというと、僕の壁紙はふとなにか感じたときに作ってるからです。

作ってはみるんですが、なんかしっくりこないというか、、、

 

そんな疑問を感じてるなか、最近体調を崩しケータイを見るのがきつかった時思ったんです。

 

ケータイって頭を下げてみることが多いなって。

 

今やケータイの画面見てる人ってどこでもたくさんいますよね。

先日SNSでも、LIVE中にケータイを頭の上でずっと構えて、

ステージが見えなかったり、カメラマンの邪魔になったり、

便利さゆえの弊害が生まれるのもケータイですね。

 

ケータイを触らない時間ってこの時代大事だなと最近思います。

 

たまにはボーッとしたり、街や風景を眺めたり、LIVEを体感したり。

当たり前のことかもしれませんが、まわりには色んなものが溢れてます。

室内だと色んなディスプレイや照明、空間。

外に出れば、サインや人や景色。

 

"下向かず前を向いて感じてほしい"

 

そんな想いからケータイの壁紙から飛び出して、インテリアパネルを制作しようと思いました。

 

次はケータイの画面ではなく、

あなたの「壁」でご挨拶できればいいなと思います。

 

僕の「壁」のストーリーはまだ道半ば途中です。

なぜ「壁」にこだわるのか?

その想いもいつか書こうと思います。

 

それは原点であり、ゴールにつながる僕の夢です。

 

長くなりましたがお付き合いありがとうございました。

2017年11月1日発売

1 Comment

  1. Pingback: 2017年のご挨拶(長文) – SWCH DESIGN

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。